Top

勉強仕事もだけどやっぱり趣味に熱中することが一番。
by NACHI
最新の記事
平和島 第64回ボートレース..
at 2017-11-03 22:08
【ボートレース】全24場の指..
at 2017-09-16 21:04
平和島 第61回スポニチゴー..
at 2016-12-03 22:00
三国ボートに初参戦! / ボ..
at 2016-11-27 21:38
アイビーS ソウルスターリン..
at 2016-10-23 18:01
カテゴリ
ボートレース写真
競馬写真
オートレース写真
ボートレース
競馬
48グループ
カメラ・カメラレンズ
その他
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
記事ランキング
検索
ブログジャンル
紹介
主要競馬場:東京
ホームプール:多摩川
使用カメラ:
EOS 7DMarkⅡ
使用レンズ:
Canon EF300mm F2.8L IS USM
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM(風景用)
注意
  • 当方が撮影、あるいは作成した写真・画像・イラストの無断使用・転載は禁止です。
その他のジャンル
平和島 第64回ボートレースダービー 優勝戦 深川真二の真骨頂。
d0351810_20410425.jpg

d0351810_20575330.jpg

17.10.29 平和島12R 優勝戦 ⑥深川真二


1年半前の平和島SGを沸かせたのも深川、そして今年の平和島SGを沸かせたのも深川だった。

そんなこんなでもう優勝戦から5日経ちますがまったりと平和島ダービーをブログでも振り返ろうと思います。お時間あればぜひご覧ください。下のMoreボタンより。





ボートレースダービーの最終日の写真をようやく整理し終えました。優勝戦から5日。5日間かかったわけではないですがさすがに撮りすぎでちょちょいとやれるレベルでなかったので笑、写真を選びながらダービーのことを今さら書きたくなったので、指定席レビュー以来に記事を書きます。(指定席レビュー、RTやいいね、その他ご指摘や感想など色々といただきました。ありがとうございました。今後も何かの参考になったらと思います。)


今日は11月3日金曜日、つまり1週間前は魚谷智之が6号艇から勝って準優1号艇の勝負かけを成功させてさぁ明日は久田敏之が予選トップだ!だとか何とか言っていた時期。優勝戦から5日、早いような遅いような・・・。そんな平日(+休日)でした。

台風21号で開催が1日ずれるんじゃないか?と思ったら台風は前検日には既に通り過ぎて、さぁ快晴・・・でなくてもいいから荒天なくで6日間やっていこう!と思ったら今度は台風22号。せっかく近くでSGやるわけだし、秋入るころから楽しみにしてた優勝戦だからこそ晴れてほしい!と思いましたが今度は台風22号が接近してきて日曜日は朝から夜までずっと雨でしたね。というか競馬という観点で見ると10月の半ばからのG1三連発が全部雨のクソ馬場で行われるという多分史上初なんじゃないのレベルの天気の悪い10月だったなあと。

d0351810_20572448.jpg
17.10.29 平和島9R ピースター選抜戦 ①遠藤エミ
レースの時間的には9R~12Rの中では9Rが一番降ってたかも・・・。


少し遅れた9Rの選抜戦の頃も結構降ってました。ただ平和島のスタンドは屋根が結構観戦席を雨から守ってくれる+台風は接近してたけど風はそうたいしたことなかったというのも相まってそこまで観戦という面で苦労することはなかったです。ファンの数は初日くらいの多さ。またはそれをちょい超えるかな・・・くらいでした。台風で交通網がストップする可能性すらある状況だとさすがに考えるし自分も直前まで考えた笑

そんでもって現地にいた人なら聞いて驚いたであろうデカイ雷鳴。さすがにあれはビビりましたね。「あと何秒後に来ますよ!」というのがわかるならいいし、遠ければ遠いほど音も小さいだろうしむしろそんな雷鳴ばっかり聞いてた自分にとってはビックリでした。さすがにあれで大雨の優勝戦を覚悟しましたけどね・・・。


d0351810_21032647.jpg
16.03.21 平和島12R 優勝戦 ①坪井康晴、④深川真二


d0351810_21033377.jpg
17.10.29 平和島12R 優勝戦 ①魚谷智之、④深川真二


優勝戦。展示も本番もピット離れから聞こえてきたのは「深川ー!」「深川いけー!」の歓声。これって1年半前もじゃん!と思いましたね。あの時は優出4号艇、展示では枠なりも本番レースでピット離れ遅れて⑤松井に抑え込まれる。深川が選んだのは回り込みでの意表の2コース。これには場内から拍手や声援。(もちろん進入が変わってふざけんなよっていう声もあったんでしょうけど)そして本番レースもスタートを決めて、さすがに怪物28号を駆っていたインの坪井には及ばずも準優勝でまとめたのに感心した覚えがあります。

色々と違う部分はあれど今年のダービーもまさにあの時と同じシチュエーション。大外枠、深くなっても可能な限り内まで取りに行く進入もスタート練習では5コース展示では4コース、③峰や⑤前本に突っ張られて、あーやはり①魚谷以外もそうはさせないよなー・・・。と思った途端の本番レースの2コース獲り。「深川動け動け動けー!!よっしゃーパチパチパチ!!!」そんな声援もどこかで聞こえました。しかも主張してきた相手はまたしても2連率1位、全盛期の動きはなくとも動きは上位だった魚谷。

伸び抜群の10号機はなかなか火を噴かず予選で姿を消して、69号機で久田敏之は4連勝するもまさかの準優スリットオーバー。機力差が大きい平和島で好モーターの1号艇、しかも10年ぶりのSG、今度こその思いが強い①魚谷も蒲郡で見たとき以上の気合いを感じたからこそ魚谷なんだろうなぁと思ってました。


d0351810_21330844.jpg
17.10.29 平和島12R 優勝戦 1着 ⑥深川真二

d0351810_21251402.jpg
17.10.29 平和島12R 優勝戦 2着 ①魚谷智之


くるっと回っての魚谷捕獲。まるで深川の前節、大村の前付王決定戦を見ているようでした。外から三好勇人らが捲って出る中スタート遅れながらもターンマークをくるっと回って残しての優勝。しかも待機行動違反ながらイン獲りが出来たのを奪われた部分がありながらも冷静な優勝。そして今節も動いて、外を気にすることなく冷静な差し。さすがに1マークで差しが入った時には声が出てしまいました・・・。

2周目は魚谷の猛追、あれも熱かったですね。映像で見てれば2周2マークも深川が先頭をキープしたなんて一目瞭然だったかもしれないんですが、現地で見てる分にはあれ深川流れたんじゃ??なんて思いましたが深川のモーターも決して出てなかったわけではないですし良い部類だったようで、しっかり追走を振り切りましたね。魚谷の写真を振り返ると、なんとしてでもとらえなければという姿勢(2つの意味で)が表れていたようにも感じました・・・。


d0351810_21365797.jpg
d0351810_21375933.jpg
17.10.29 平和島 第64回ボートレースダービー ウイニングパレード 深川真二


深川のウイニングランの救助艇でピョンピョン飛び跳ねてるのはギャップ萌え。なんか「やったー!SG獲ったぞ!」というのもなんだろうけど「やってのけました!」という感じの笑顔でした。平和島は緑が強い!・・・とはいってもまさかってやっぱり思っちゃうんですよねえ・・・。本当にすごかったです。というか、9月の東京スポーツ杯でも⑥西島義則が2コースに動いて優勝。確かに恵まれですが①中岡にプレッシャーをかけて自分もスタートは.02。あれはもう西島の勝ちでしょう。平和島で6コースではないものの、緑の優勝を見せてもらいました。やっぱり今振り返ってもすごかったダービー優勝戦、現地で見れて良かったです。歴史の目撃者?は言いすぎですかね。深川真二おめでとう!!


d0351810_21471881.jpg
17.10.29 平和島 第64回ボートレースダービー 表彰式 魚谷智之

蒲郡現地で9年ぶりのSG制覇へ王手!の復調を感じさせた走りを見せてくれた①魚谷を見てから1年4か月、またしてもVに届かず。調整を外していたとかどっかのスポーツ紙に書いていた覚えがありますが本当に悔しい惜敗でしたね。まぁ、全盛期の10年前から昨年グラチャンで「お?」と思わせるまではSG準優Fもしたり、記念戦線で目立った活躍が出来なかった印象ですし、昨年今年は本当に調子を取り戻してきたなと・・・。グランプリへはハイボーダーながらもう当確ですし借りはグランプリ!ですね。ゲンコーに続く兵庫支部の黄金のヘルメットへ。


本当に白熱した平和島ダービー優勝戦でした。次の関東SGまであと1年3か月ですって。さすがに長いみなもと。




【後記】

平和島ダービーの優勝戦の締め切り時間が16:30くらい。なんかいつもより早いなぁとか思ってましたが撮影的には価値ある約15分でした。優勝戦の時間帯はほぼナイターと同じ設定での撮影。しかもバックストレッチあたりの写真はピントが合わないともうボツ写真。平和島はナイター開催はないし照明が必要ない分、優勝戦でともされた照明も僅かで本当に大変でした。蒲郡、住之江とかのナイター撮影はまぁまぁ綺麗に撮れているだけに、それよりも厳しい撮影環境でした。もしいつものSGみたいに16:45頃ピットアウトだったらもっとひどかったんだろうなぁと。

ウイニングランは完全に失敗しました。設定をレースのままにしていて、シャッターを切って写真見たら全部暗いまま。なんとか編集でよくはしましたが自分ではここまで戻ってきてよかったと。ソフト様様です、写真整理の時に試しに現像したLightroomではダメでしたしもうダメかなと思ってましたが。感度低いまま撮ってたのがまだよかったみたいです。ただ暗いのに気づいてスピード落として救助艇の復路で撮り直そうと思ったら音速で帰っていくこと・・・。ブレブレの写真だらけでした。

まぁ雨で行こうかなどうしようかなと思いましたがせっかくの平和島SGですし、なんとか準備万端で行けば撮れるだろう!と思って行ってよかったです。むしろ行かなかったら後悔してたかも。序盤に書いた天気ですが優勝戦~ウイニングランの時間帯だけまったく雨が降らなかったんですよね。表彰式終わりからまた降り出して、大森駅に着いた頃には豪雨でした。本当に運にも恵まれたダービーだったんじゃないかと。

運と言えば・・・。好運だった人、不運だった人、くっきり明暗が分かれたSGでしたね。好運はなんといっても深川真二。ダービーはギリギリの出場、そして準優勝戦は繰り上がりでの優出、そして優勝は実力もですが運もあったでしょうし。不運は久田・・・ではなく池田浩二。平和島SGV実績あり、グランプリ覇者、しかし今年不調でグランプリへの道が10月で閉ざされてしまうという危機が。

大体そういう時ってなんとかなるんですが、池田の不調、不運が平和島SGでも続いてしまい、チャレンジカップ出場すらできず10月でRoad to GPはまさかの終戦。うーん、出力低減になってからの池田は少し調子が良くないですね・・・。このままずぶずぶ行ってしまうのか、来年にはまた強い池田が戻ってくるのか。どうでしょうね、楽しみです。


11月、またあっという間にチャレンジカップが始まって終わり、12月が来てグランプリ、クイクラが終わりはいあけおめ~ってなるんでしょうね。今年も残り2ヶ月。マイペースに物事こなして2017年をいい形で終えて、また2018年にいい形でつながっていけばなと思います。またボートライフをまったり楽しんでいきましょう~。

Twitterはまたいつも通り更新しますがブログはまた書きたくなった時にでも。



あと・・・平和島と深川真二といえば2010年の総理大臣杯の準優Fも今さら浮かびました。本当に平和島と深川真二の化学反応は良くも悪くも色々と起きますね笑

by nachi0048 | 2017-11-03 22:08 | ボートレース写真
【ボートレース】全24場の指定... >>